​京都会所とは

会所(かいしょ)は有志による、

日本の伝統と現代を結びつけることを

目的とした交流の場です。

会所は読んで字のごとく

「会う場所」。

その言葉は平安末期にすでに見られますが、特に中世においてはサロン的な要素をもち、

身分の違いを超えて文化交流ができる場だったと考えられています。

日本の主要な伝統芸能は、室町時代に京都の銀閣寺で行われた「会所」での集まりから生まれました。

4a43fe_71ffca2ca9664e52b336c46d2d61d3e5~mv2.jpg

Our Story

Kyoto Kaisho Foundation is dedicated to identifying and promoting undervalued cultural elements in Japan. Our projects focus on areas of Japan that offer powerful opportunities for cultural revival. Recent projects include promoting the ancient dyeing and weaving traditions of Kyoto; promoting samurai culture of Fukushima; reviving a major pilgrimage center in Fukuoka, and promoting the profound relationship between the arts and Zen.  

 

Educational activities include workshops with students and adults to promote civic pride and opportunities for cultural exchange beyond their local community. Most of the support for Kyoto Kaisho’s educational programs come from government grants. We are often dependent on the contributions of private supporters to realize many of our cultural projects.

 

Your Support

Your contribution to the Kyoto Kaisho Foundation will help to ensure that the communities we document, and the traditions they dedicate their lives to, will continue for future generations.
 

Please contact us for details on our programs and the benefits we offer.

Interested in supporting Kyoto Kaisho?

contact@kyotokaisho.org

ご支援のお願い

京都会所の教育プログラムは、そのほとんどが政府の助成金によって支えられています。

しかし、実際の撮影記録やメディアへの働きかけについては、個人的な方々の支援に支えられています。

京都会所へのご寄付は、私たちが記録している地域社会や、彼らが人生を捧げている伝統が、次世代に引き継がれていくための一助となります。
 

当法人のプログラムや特典の詳細、京都会所へのご支援にご興味のある方は、お問い合わせください。

contact@kyotokaisho.org